なんてね

芸大卒。何も表現していない。

おやすみ

花粉症が収まったので、眼鏡を花粉用から普段使いに戻した。乱視がまた進んだ気がする。今では右目が遠視、左目が近視、両目が乱視というどうしようもない視力なのだが、中学一年までは裸眼で2.0あった。星も夜景もくっきり見えていた。倍の光が見えるのはそれはそれで綺麗だ。昨日は金星が2つ見えた。

昇進してから二週間ほど経つ。その間まさか一度もブログを更新しないとは思わなかった。ちなみに今日は5連勤1日目で、明日締め切りの仕事のやり方が全く分からないのでぶん投げて帰ってきた。終電で帰らないのは2回目……?なるべく頭を使わないで文章を書きたい。

朝から晩までずっと仕事をしているし、仕事のことをしなかった休日は一昨日だけだった。ひさびさに現実に向き合うと、逆にストレスになる。仕事のことだけ考えてた方がマシと思うことさえある。アパートの階段下にずっとある干からびた小鳥の死骸、滞納中の電気代とガス代、汚れた浴室、出し忘れたゴミの袋、積まれただけの実用書。憂鬱で仕方ない。恋人も体調が悪くて料理すらままならないので、三食全てがコンビニ飯というのも最近はよくある。QOLが低すぎる。おまけに過去に自分がやらかしたことを思い出してさらに憂鬱になる。家庭を顧みない夫や父親と呼ばれる人たちの気持ちがなんとなくわかる。心の逃げ場が職場になりかけている。まあ多分自分のことだからそのうちすぐ仕事の方が嫌になるはずだ。

昔、というか大学卒業くらいまで、ブログやツイッターでの一人称が「僕」だった。散々イタイと言われても辞めなかった。僕、と言っていると精神的に少し強くなれる気がしていた。それから、三十路女を忌み嫌っているので、なるべく遠い存在でいたかった。いつのまにか「私」になっていたのは、自分の中で統率が取れるようになったのと、三十路女になることに諦めを感じ始めたからだと思う。

ただまあ、こんなに憂鬱なのは、まだ何か諦めきれないものがあるからなのだとも思う。どうなりたいのか自分でも全く分からない。そういうことを今考えたくないので、そろそろ寝ようと思う。おやすみ。